現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 00 茶籠 > 網代編 亀甲茶籠 [00-001]

空齋竹工芸

網代編 亀甲茶籠 [00-001]

網代編 茶籠

全体の形は亀甲であるが、口造りは楕円である。角には唐物に見られる籐による飾りが施されている。なお、紐には「唐組平源氏」を使用している。

  • 1981年の個展に出品

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報