現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 10 屏風 > 風炉先屏風 [10-001]

空齋竹工芸

風炉先屏風 [10-001]

風炉先屏風

  • 銘「黒潮」

全体の枠組みには煤竹を使用、蝶番の部分は藤蔓で結んである。下三分の一程は麻の葉編、上は櫛目編、途中横に渡した竹で前後を挟む形で留めている。櫛目編は煤竹の節を、高低差による変化を付けながら規則的に並べ、竹籤(たけひご)で曲線を描く様に留めている。麻の葉編の部分には二カ所飾りの竹が取り付けられているが、これは強度としても大事な部分である。

風炉先屏風 風炉先屏風

  • 1979年ミタケ画廊出展作品

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報