現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 15 水指 > 煤竹網代 水指 [15-005]

空齋竹工芸

煤竹網代 水指 [15-005]

煤竹網代 水指

  • 口径16cm×高さ17cm

胴は二種類の網代編みにより変化をつけ、煤竹の縄目による濃淡が微かに伺える。蓋は柾割の竹を中心から渦巻き状態に巻きながら造られたものである。煤竹独特の濃淡や節による凹凸が面白い。摘みは煤根曲がり竹の節が使われている。内側には何層もの黒漆が施され、実際に水を入れ使用することができる。

煤竹網代 水指 煤竹網代 水指 煤竹網代 水指 蓋

Ajiro Mizusashi

  • H.17cm(6.7″), Caliber.16cm(6.3″)

The body of this Mizusashi has a change with two type of the twill plaiting, and a few light and shade of Susudake. The top was a coiled bamboo which was divided lengthways. The body which has light and shade of Susudake, or uneven surface made of knot is quaint. The knob of the top was made of a knot of sooted Nemagaridake. Of course we put water into this, because a lot of black layers of lacquer were applied inside.

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報