現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 20 茶碗 > 網代 平茶碗 [20-005]

空齋竹工芸

網代 平茶碗 [20-005]

網代 平茶碗

  • 口径16.5cm×高さ5.5cm×高台径8cm

煤竹を使用し、網代編みで制作された平茶椀で竹の茶碗としては第一作目である。外側には黒漆、内側には何層もの黒漆が塗られ、その上から朱漆を重ね模様を生み出している。茶溜まりもあり、竹とは思えない作品である。

茶碗 側面 茶碗 内側 茶碗 裏面

  • 1979年ミタケ画廊出展作品

Ajiro Chawan

  • H.5.5cm(2.2″), Caliber.16.5cm(6.5″)

This is the first Chawan as bamboo-made chawan, which was made by twill plaiting of Susudake. Black lacquer were applied on the outside. The patterns of lacquer appered inside, becase a layer of red lacquer and a lot of layers of black lacquer were applied. The holoow at the bottom inside gathers tea at the end of drinking tea.

  • The Mitake Gallery in 1979

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報