現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 20 茶碗 > 網代 平茶碗 [20-006]

空齋竹工芸

網代 平茶碗 [20-006]

網代 平茶碗

  • 口径16.5cm×高さ5.5cm×高台径6cm

煤竹を使用し網代編みで制作された平茶椀で、竹の茶碗としては第二作目である。内側には漆が何層にも塗られ、その表面には顔料を混ぜた漆により渦巻き模様が描かれている。鳴門の渦潮を連想させる作品である。茶溜まりもあり、また手の中に丁度スッポリと収まる、使い勝手の大変良い茶碗である。

茶碗 側面 茶碗 内側 茶碗 裏面

  • 1979年ミタケ画廊出展作品

Ajiro Chawan

  • Caliber.16.5cm(6.5″), H.5.5cm(2.2″)

This is the second Chawan as bamboo-made chawan, which was made by twill plaiing of Susudake. Lacquer were applied and a spiral pattern appered inside. It looks like the shirling current of the Naruto channel in Japan. The holoow at the bottom inside gathers tea at the end of drinking tea. This Chawan is convenient because it fits our hands.

  • Mitake Gallery in 1979

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報