現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 50 炭斗・釜敷 > 唐物写炭斗 [50-004]

空齋竹工芸

唐物写炭斗 [50-004]

唐物写炭斗

  • 口径23cm×高さ14.5cm×底直径24.5cm

磨きの竹を使用した炉用の炭斗で、全体を黒色に染め拭き漆を施し、内側には和紙が貼られている。底は二本取りの鉄線編み、立ち上がりからは網代編みである。側面には細い幅の竹を6本、また上から三分の一ほどの場所にも根曲がり竹を添えている。皮籐による飾り結びが唐物独特の雰囲気を醸し出している。

唐物写炭斗 底

Karamono Sumitori [50-004]

  • Caliber 23cm x H.14.5cm x Bottom Caliber 24.5cm

This Sumitori was made of Migakinotake. The body was colored black with Japanese lacquer and Japanese paper was applied inside. The bottom was made by double Tessen plaiting and the side was made by twill plaiting. Six thin bamboo line was added to the side and Nemagaridake was attached to one-third of the body from the top. Decollation knots made of split rattan lines are distinction as a Karamono.

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報