現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 55 置花籠 > 手付置花籠 [55-026]

空齋竹工芸

手付置花籠 [55-026]

手付置花籠

  • 直径20cm×高さ30cm

磨きの竹を使用、口造りと手は煤竹、全体を網代編みで編み上げた後に染料で染めた作品である。底の六角形から編み始め、立ち上がりから膨らみを持たせ、腰の辺り(下方三分の一辺り)で竹を6本ずつまとめ編み、波のような模様を出している。口造りは内と外に竹の縁をあてがい編み目を挟み、皮籐で細かく飾りを付けながら巻き留めている。飾り手は7mm程の2本の煤竹を脇に差し込み皮籐で留め、手の上部には飾り結びを施している。

手付置花籠 側面 手付置花籠 底

手付置花籠 アストロメリア
アストロメリア、金糸梅

Flower Basket

  • Diameter.20cm x H.30cm

This flower basket was dyed dark after being made by twill plaiting with Migakinotake. The plaiting was started from the hexagonal bottom. The body is roundness and it has a wavy pattern which was made of six splitted bamboo at the middle of the body. At the rim stitching, it was stitched with split rattan lines after setting Susudake to the outer and inner ground. The handgrip was made of two split rattan lines(about 7mm) and it was tied upside as a decoration.

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報