現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 55 置花籠 > 手付置花籠 [55-031]

空齋竹工芸

手付置花籠 [55-031]

手付置花籠
  • 幅25cm×口径14cm×高さ30cm

磨きの竹を使用した花籠である。底から胴近くまでは麻の葉つぶし編みで、胴にはささら編みを3段入れアクセントとしている。口造りにかけては網代編み。口造りは、編み地を幅12~13mm程の煤竹で外と内側から挟み、皮籐で細かく飾りを付けながら巻き留めている。さらに幅10mm程の煤竹を底から前後に渡し、強度を付けつつアクセントとし、飾り手には細い根曲がり竹を脇に差し込み皮籐で留めている。

手付置花籠 側面 手付置花籠 手付置花籠 底
手付置花籠
芍薬

Flower Basket with a handgrip

This flower basket was made of Migakinodake. The body was made by Asanoha-tsubushi plaiting and it has thin line made by Sasara plaiting as an accent. At the rim stitching, it was stitched with split rattan lines after setting about 12 or 13 mm Susudake to the inner and the outer ground. On the out side of the body, about 10 mm Susudake was banded from bottom to top. A thin Nemagaridake which was combined with the body shaped as a handgrip.

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報