現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 55 置花籠 > 煤竹籠目編 置花籠 [55-032]

空齋竹工芸

煤竹籠目編 置花籠 [55-032]

煤竹籠目編 置花籠
煤竹籠目編 置花籠
  • 口径18cm×高さ25cm 底の径26cm

煤竹を使用した花籠である。全体は最も基本的な編み方の一つである籠目編みで仕上げ、底には3本の力が入っている。側面は6方向にかけて高台から口造りに竹をあてがい飾りとしているが、これは強度としての役割も兼ね備えている。口造りには竹籤を撚り縄編みにし飾り手を付け、アクセントとしている。

底 側面
花
キンセンカ(カレンジュラ)

Flower Basket

This flower basket was made of Susudake. The body was made by Kagomeami-plaiting, known as the most basic way of plaiting, and has three base lines of bamboo crossed at the bottom. Six splitted bamboo lines were set on the outside of the body. These lines also hold an important place in strength. At the rim stitching, there is a handgrip which was made of thin splitted bamboo lines by Hineriami plaiting.

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報