現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 55 置花籠 > 鶴首 置花籠 [55-047]

空齋竹工芸

鶴首 置花籠 [55-047]

鶴首 置花籠
  • 横11cm×高さ35cm×口径cm3.5cm×底径10.5cm

晒し竹を使用し、鶴の首のように細長く編み上げた作品。底は1.5mm幅の竹を2本取りの四つ目編み、立ち上がりから捻り編み、笊目編みを交互にいれ編み進め、首部分から笊目編みで細く編み上げる。口造りは竹を編み地に差し込みその先を3.5cm程伸ばし切り揃えている。底には8mm程の力竹を入れ安定と強度的役割としている。

鶴首 置花籠 鶴首 置花籠

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報