現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 60 掛花籠 > 掛花籠 [60-004]

空齋竹工芸

掛花籠 [60-004]

掛花籠

  • 高さ13cm×横23cm×奥行9cm

根曲がり竹を使用し、箱枕の形をアレンジして作られた作品である。底部分は20mm程の四つ目編み、立ち上がり部分から木型を入れ、途中に石畳編みを幾つか入れながら、それに合わせる様に編み進めている。肩の部分で木型を外し、前後、左右の竹を中心に集め、丸くござ編み5段を施し口造り部分を形成している。籠全体を染料で染め、漆を施す事により煤竹の風合いを大変良く醸し出している。

掛花籠 底部分 掛花籠 口造り 石畳編み

掛花籠 オダマキ、ナルコユリ
苧環・鳴子百合

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報