現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 80 その他 > 網代編 水注 [80-003]

空齋竹工芸

網代編 水注 [80-003]

網代編 水注

  • 横22.5cm×高さ17cm

六角形の筒部分と注ぎ口は網代編み、六角形の角の部分と持ち手には細い根曲がり竹が付けられている。底から見ると、丁度たこ揚げの時に使用する、たこ糸を巻く六角形の糸巻きの様な形をしている。外側には朱漆を、内側には黒漆が何層にも施され、実際に水を入れ使用することができる。

網代編 水注 蓋を取ったところ 網代編 水注 底

  • 1981年空齋、云亭二人展出展作品

Pot

  • W.22.5cm(8.85″)×H.17cm(6.7″)

The hexagonal body and the lip for pouring were made by twill plaiting. Narrow Nemagaritake was attached to each corner of the hexagonal body and the handgrip. The bottom looks like a spool for string for a kite. Of course we put water into this, since a lot of layers of black lacquer were applied inside and a lot of layers of red lacquer were applied outside.

  • Kusai Bamboo Art Show collaborates Untei in 1981

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報