現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 55 置花籠

空齋竹工芸

蛤谷空齋がこれまでに制作した、竹工芸作品の紹介です。

晒し竹置籠 [55-030]

晒し竹置籠

  • 横24cm×高さ21cm×口径7.5cm

[55-029]と対をなす籠である。本体は、直径約7.5cmの晒し竹を32等分し捻り編みにより編み進めたものである。上下別々に形作ったものを繋ぎ合わせ、中央部には膨らみを持たせながらも、上部は押し込んだような形に仕上げた。

上部

Flower basket made of Sarashidake

  • W.24cm x H.21cm x Caliber 7.5cm

This flower basket was made of Sarashidake. The body was made of about 7.5cm Sarashidake splitted to 32 lines by Hineriami-plaiting. The upper part was joined to the lower part and the body was shaped roundness with the hollowed top.

晒し竹置籠 [55-029]

晒し竹置籠

  • 横23cm×高さ32.5cm×口径7.5cm

[55-030]と対をなし、提灯に似た形状をしている。本体は直径約7.5cmの晒し竹を32等分し捻り編みにより編み進めたものであり、上下別々に形作ったものを繋ぎ合わせ、中央部には膨らみを持たせた。

上部

Flower basket made by Sarashiami-plaiting

  • W.23cm x H.32.5cm x Caliber.7.5cm

This flower basket, looks like a Japanese lantern, was made of Sarashidake. The body was made of about 7.5cm Sarashidake splitted to 32 lines by Hineriami-plaiting. The upper part was joined to the lower part and the body was shaped roundness.

煤竹 置花籠 [55-028]

置籠花入

  • 横23.5cm×高さ22.5cm×口径22cm

幅7mmの煤竹を使用、底の麻の葉編みから編み始め、立ち上がりより菱四つ目編みで編み上げた花籠である。口造りは半分に割った根曲がり竹で、内と外から編み地を挟み皮籐で細かく巻きながら留めている。また根曲がり竹で付けた飾り手が全体のアクセントとなっている。

置籠花入 置籠花入 側面 置籠花入 底

Flower basket of Susudake

  • W.23.5cm x H.22.5cm x Caliber.22cm

This flower basket was made of about 7mm Susudake. The base with a hemp leaf pattern plaiting was the first made and the body with square plaiting was the second. At the rim stitching, it was stitched with split rattan lines after setting Nemagaridake to the inner and the outer ground. The handle of this basket makes for the nice accent.

煤竹 置花籠 [55-027]

煤竹 置花籠

  • 縦20cm×横20cm×高さ13cm

煤竹を使用し、底部分は荒い四つ目編み、立ち上がりから幅の細い籤(ひご)を二重にして編む捻り編みで造られている。上部三分の一辺りに空間を入れ変化を持たせ、そのまま捻り編みで編み、6~8cm位を内側に折り曲げた作品である。

煤竹 置花籠 煤竹 置花籠 底

Flower Basket of Susudake

  • H.20cm x W.20cm x H.13cm

This flower basket was made by Nejiri-ami plaiting of Susudake. The bottom was made by loose square plaiting. The side of the body was made by thin bamboo lines. A transformation appeared at one third of the upper body. The remain of the body was plaited with the same Nejiri-ami and about 6 through 8cm lines were bended to the inside.

手付置花籠 [55-026]

手付置花籠

  • 直径20cm×高さ30cm

磨きの竹を使用、口造りと手は煤竹、全体を網代編みで編み上げた後に染料で染めた作品である。底の六角形から編み始め、立ち上がりから膨らみを持たせ、腰の辺り(下方三分の一辺り)で竹を6本ずつまとめ編み、波のような模様を出している。口造りは内と外に竹の縁をあてがい編み目を挟み、皮籐で細かく飾りを付けながら巻き留めている。飾り手は7mm程の2本の煤竹を脇に差し込み皮籐で留め、手の上部には飾り結びを施している。

手付置花籠 側面 手付置花籠 底

手付置花籠 アストロメリア
アストロメリア、金糸梅

Flower Basket

  • Diameter.20cm x H.30cm

This flower basket was dyed dark after being made by twill plaiting with Migakinotake. The plaiting was started from the hexagonal bottom. The body is roundness and it has a wavy pattern which was made of six splitted bamboo at the middle of the body. At the rim stitching, it was stitched with split rattan lines after setting Susudake to the outer and inner ground. The handgrip was made of two split rattan lines(about 7mm) and it was tied upside as a decoration.

煤竹 虫籠 [55-025]

煤竹 虫籠

  • 直径(最大幅)15cm×高さ21cm

煤竹を使用し、上下別々に作ったものを繋ぎ合わせた作品である。口部分から編み始めた上半分は、幅の細い籤(ひご)を二重にして編む捻り編みである。下半分は上半分とは異なり、菊底編みと同じように置いた竹を捻り編みで編み始め、立ち上がりからはござ目編み、最後の4~5段は捻り編みである。上半分を下半分に差し込み、虫籠を形作っている。

煤竹 花籠 ムクゲ
木槿、水引

Flower Basket “Mushikago” of Susudake

  • Diameter(max.).15cm(5.9″) x H.21cm(8.3″)

This Mushikago(looks like a insect cage) was made of Susudake. The body is a combination of two parts. Upper body was plaited from the rim stitching with Hineri-ami which used double split bamboo lines. The bottom body is different from the upper one. The first of plaiting bottom is Hineri-ami, the middle is Gozame-ami and the last four or five tiers are Hineri-ami. At the last, upper body was combined with bottom.

置花籠 [55-024]

置花籠

  • 口径9.5cm×高さ20cm×高台径7cm

磨きの竹を使用した網代網の花籠である。半分よりやや上で編み方を変えアクセントとしている。口造りは、編み地を幅10mm程の煤竹で外と内側から挟み、皮籐で細かく巻き留めている。

置花籠 側面 置花籠 底

置花籠と花
蛍袋、額紫陽花、アスチルベ

Flower basket

  • H.20cm(7.9″), Caliber.9.5cm(3.7″)

This flower basket was made by twill plaiting with Migakinotake. Being changed the plaiting as accent in the middle of the body. At the rim stitching, it was stitched with split rattan lines after setting about 10mm Susudake to the outer and inner ground.

煤竹 手付置花籠 [55-023]

煤竹 手付置籠花入

  • 口径9.5cm×高さ24cm×全長37.5cm

竹編み籠が持つ規則的で繊細な網目模様が特徴の花籠である。麻の葉編みで底より編み始め、立ち上がりから全体を編み進める。上部三分の一には籤のような細い竹を捻りながら編み、四段入れて口造りとなる。口造りと首辺りは、幅10~12mm位の竹を外と内にあてがい編み目を挟み、皮籐で細かく巻きながら留めている。持ち手は両端を底部分に差し込み、また持ち手の中心には皮籐で巻きながら飾りが施されている。

煤竹 手付置籠花入 側面 煤竹 手付置籠花入 高台

煤竹 手付置籠花入 花
宝鐸草、虫取り撫子、都忘れ、縞葦

Feed

メタ情報