現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 55 置花籠

空齋竹工芸

蛤谷空齋がこれまでに制作した、竹工芸作品の紹介です。

煤竹 耳付置花籠 [55-004]

煤竹 耳付置花籠

  • 幅16cm×奥行14cm×高さ23.5cm

二本取りの鉄線編の底編みから立ち上がる部分で、左に流れた籤(ひご)を縦に、右側に流れた籤(ひご)を右側に流し編み上げていく片締め編みである。繊細な波のような流れを醸し出している。胴の部分にささらで捻り編を三段入れ、縦の竹を二本絡ませながら、首周りあたりから菱四つ目編で、口造りへ編み上げた作品である。首周りにも、ささらで捻り編を三段入れアクセントとしている。耳は細い煤竹をカーブさせ形を作り、その上から皮籐に依る細かい飾りが施されている。

ペルシャの焼き物を連想させ、実にモダンな雰囲気である。床の間は勿論の事、居間や玄関の棚などに飾っても良い。

煤竹 耳付置花籠 側面 煤竹 耳付置花籠 口造り

ガーベラ、カーネーション、カスミソウ
ガーベラ、カーネーション、カスミソウ

煤竹 盛籠 [55-003]

煤竹 盛籠

  • 縦25cm×横31cm×高さ6cm

細く割った煤竹の節を、曲線を描く様に規則的に並べ皮籐で留めている。両サイドへ向かうにつれ竹同士の間隔を詰め全体の丸みを出し、口造りは楕円である。両サイドの竹は半分は口造りで処理し残りは飾り手としている。浅い竹筒を置き花入れとして、木の葉などを敷き菓子器として、また煎茶での盛物に使用する事が出来る。

煤竹 盛籠 正面 煤竹 盛籠 底 煤竹 盛籠 横

唐物写花籠 [55-002]

唐物写花籠

  • 横17.5cm×高さ41cm
  • 銘「撥釣瓶(はねつるべ)」

底は四つ目編み、立ち上がりからござ目編み、横に編み込んでいく竹の太さや目の飛ばし方などに依り変化を付けた編み方である。四方の角には幅のある竹が添えられ、皮籐による飾り結びが唐物独特の雰囲気を醸し出している。手は底から渡された一本の竹で取り付けられている。

唐物写花籠 斜め 唐物写花籠 底 唐物写花籠 側面 唐物写花籠 箱書 銘 「撥釣瓶」

煤竹 手付置花籠 [55-001]

煤竹 手付置花籠

  • 横19cm×高さ33cm 口径15cm
  • 銘「滴翠」

碌々斎好「手付置籠」を、煤竹により写した作品。

二本取りの鉄線編の底編みから立ち上がる部分で、左に流れた籤(ひご)を縦に、右側に流れた籤(ひご)を右側に流し編み上げていく片締め編みである。繊細な波のような流れを醸し出している。胴の部分にささらで捻り編を三段入れ、菱四つ目編で首周りを細く締め、口造りへ広げながら編み上げた作品である。

煤竹手付 置花籠 箱書 銘 「滴翠」 煤竹 手付置花籠 底部分

Feed

メタ情報