現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 65 置・掛 花籠

空齋竹工芸

蛤谷空齋がこれまでに制作した、竹工芸作品の紹介です。

花籠 [65-004]

花籠

  • 幅14cm×高さ17.5cm、口径7.5cm

磨きの竹を使用した花籠である。全体は魚籠(びく)の様な形で、底部分は荒い四つ目編み、立ち上がりからは幅の細い籤(ひご)を二重にして編む捻り編みである。全体を染料で染め、その上から拭き漆を施し、落ち着いた仕上がりとなっている。

花籠 底

花籠
杜鵑草、白花杜鵑草、金水引、水引、縞葦

Flower Basket

This flower basket was made of Migakinotake. The body looks like a creel. The base was made with square plaiting and the body was made with twist plaiting. Having been stained and coated with Japanese lacquer, It looks calm.

磨花入 [65-003]

磨花入

  • 横14.5cm×奥行11cm×高さ20cm

晒し竹の表面の皮を薄く削り取った竹(磨きの竹)を組み合わせた作品である。一定の幅(4~4.5cm)にした磨きの竹を、予め作品の形に竹を曲げて形作り、底の部分は縦3枚、横2枚を重ね合わせて立ち上げ要所を皮籐で留め、洞の部分においても数ヶ所を皮籐で留めている。口造りは根曲がり竹で内側と外側から挟み、竹籤を挟み入れながら皮籐で巻き留めている。モダンな雰囲気で、床の間のみならず玄関や居間などにもマッチする作品である。

磨花入 磨花入

Flower basket of Migakinotake

  • W.14.5cm(5.7″) x H.20cm(7.8″) x D.11cm(4.3″)

This flower basket was made of Migakino-take bamboo which skin chipped off the Tsurushi-no-take. The bamboo were cut about 4 or 4.5cm and bended to make the side. They were piled double for width and triple for length as the base, and stitched with split rattan lines at the corner on the base and at the some points of the body. At the rim stitching, it was set Nemagaridake to the outer and inner ground, put split bamboo lines and stitched with split rattan lines. This basket goes well with not only Tokonoma but also a hall or a living room since it has modern feelings.

煤竹 花籠 [65-002]

煤竹 花籠

  • 幅17.5cm×高さ18.5cm×口径11cm

煤竹を使った作品で、幅の細い籤(ひご)を二重に編む捻り編みである。粗い四つ目編で底を作り、立ち上がりから四隅に当たる部分に竹を足し、捻り編で丸みを持たせながら全体の四分の一位を編み、次に首まで細めながら編み進め口造りとしている。口造りは、非常に細い煤竹を二つ割りにしたものを外側に、内側には幅10mm程の煤竹をあてがい、皮籐で細かく巻きながら留めている。四隅に当たる部分には幅7~10mm程の竹をあてがい、皮籐で飾りを付けながら留め、アクセントとしている。後ろには燗が付けられ、掛け花籠としても使いやすい作品である。

煤竹 花籠 煤竹 花籠 底

煤竹 花籠 シラン ヤマボウシ
紫蘭、山法師

Flower basket of Susudake

This flower basket was made by Nejiri-ami plaiting of Susudake. Four thin bamboo lines are joined to each corner of the bottom which was made by loose square plaiting. A quarter of the body was made roundness by Nejiri-ami plaiting and remains are narrowed down to the rim. At the rim stitching, it was stitched with split rattan lines after setting about 10mm Susudake to the inner ground and thin split bamboo lines to the outer ground. At each corner, it was stitched with split rattan lines after setting about 7 or 10mm bamboo as accent. At the back of the body, it has a hook to hang on the wall.

煤竹櫛目編 花籠 [65-001]

煤竹櫛目編 花籠

  • 幅19cm×高さ22.5cm

煤竹櫛目編手付置花籠 [55-010] の作品と同型。

予め底の立ち上がり部分を曲げて形を整えた物を、縦横に重ねて四方を籐皮で細かく結び、底部分を作っている。側面には煤竹特有の縄目による色の濃淡、節の配列などによる景色が伺える。胴の四隅に幅のある竹を入れ、中心に膨らみを持たせ籐皮で結び留めている。口造りは予め四角く曲げた竹を宛い、其の周りに籐皮で飾り結びを施している。

煤竹櫛目編 花籠 煤竹櫛目編 花籠 底部分

Feed

メタ情報