現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品

空齋竹工芸

蛤谷空齋がこれまでに制作した、竹工芸作品の紹介です。

煤竹 鉈籠 [60-002]

煤竹 鉈籠

  • 横17cm×長さ22cm
  • 銘「杣小屋」

竹幅1cm前後の煤竹を濃淡を組み合わせながらざっくりと編み上げ、素朴さが感じられる。耳、口造りは根曲竹で仕上げている作品である。

煤竹 鉈籠 箱書

円窓切花入 [66-002]

円窓切花入

  • 横8.5cm×長さ30cm

竹其の物の曲がりを生かした作品である。円窓切とは竹花入の切り方の一種で窓を丸く切ったものである。

円窓切花入 後 円窓切花入 側面

ミヤコワスレ、シロバナシラン
都忘れ、白花紫蘭

円窓切花入 ホトトギス、ツワブキ、シマアシ
杜鵑草、石蕗、縞葦

煤竹櫛目編 花籠 [65-001]

煤竹櫛目編 花籠

  • 幅19cm×高さ22.5cm

煤竹櫛目編手付置花籠 [55-010] の作品と同型。

予め底の立ち上がり部分を曲げて形を整えた物を、縦横に重ねて四方を籐皮で細かく結び、底部分を作っている。側面には煤竹特有の縄目による色の濃淡、節の配列などによる景色が伺える。胴の四隅に幅のある竹を入れ、中心に膨らみを持たせ籐皮で結び留めている。口造りは予め四角く曲げた竹を宛い、其の周りに籐皮で飾り結びを施している。

煤竹櫛目編 花籠 煤竹櫛目編 花籠 底部分

尺八掛花入 [61-001]

尺八花入

  • 長さ53.5cm 口径4.5cm 底の径7.5cm

細い真竹をよく乾燥させ使用し、管長は一尺八寸(約54.5cm)である。本来の尺八と同様に指孔は前面四孔、背面一孔、彫刻により付けられ赤漆が施されている。

尺八掛花入

竹置花入 [56-001]

竹置花入

  • 横14.5cm×高さ43cm×口径5.5cm

真竹をよく乾燥させ使用、竹の節から伸びた枝をカーブさせ中央部分に籐皮で固定し、下方部分まで引き寄せ留めている。表面を透き漆で春慶塗に仕上げた作品である。

一重切花入 [66-001]

一重切花入

  • 横9cm×奥行き7cm×高さ36.5cm
  • 銘「寒山拾得」

全面に切り込みがあり二本の竹を並べたような形である。表面には斑紋があり、その所々に小さな金箔が漆で施されている。全体を透き漆で仕上げ、竹本来の良さを引き出している作品である。

一重切花入

煤竹 茶杓 [30-001]

煤竹 茶杓

  • 長さcm
  • 銘「廣目天」

中節の茶杓で節上と節下に煤竹の景色があり、切止は面取で共筒である。

「廣目天(広目天)」とは、梵語(サンスクリット語)における四天王の一人、廣目天王であり、西方世界を守護すると云われている。

茶杓 箱

Susudake Chashaku

This Chasyaku has a knot of a bamboo at the center and the patterns of Susudake at the top and the bottom.

Kōmoku-ten(廣目天) or is one of “Four heavenly kings” in the Buddhist faith. The name means “He who sees all” and he watches over the west direction of the world.

煤竹 繭籠 [60-001]

煤竹 繭籠

  • 横12cm×高さ19cm×奥行き11cm

根曲竹の煤を使用、籠目編みに依り二重に編み込んだ作品である。底部分から立ち上がり、胴、口作りへと進み、その竹で口造りを輪弧編みに整え、外側からもう一重包み込むように底まで編み込まれている。柔軟性に富んだ根曲竹ならではの特性を生かしている。

煤竹 繭籠

煤竹 繭籠 フヨウ、ミズヒキ
芙蓉、水引

Feed

メタ情報