現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品

空齋竹工芸

蛤谷空齋がこれまでに制作した、竹工芸作品の紹介です。

煤竹 手付置花籠 [55-035]

煤竹 手付置花籠
  • 縦17cm×横17cm×高さ29cm

立方体に手を付けた様な花籠である。幅5~13mm位の煤竹を使用し、竹の中心部分の皮を削り落としたものとを交互に用いて、編み目の大きい四つ目編みで仕上げている。

煤竹 手付置花籠 煤竹 手付置花籠 煤竹 手付置花籠 底
煤竹 手付置花籠
シンビジュームとアジアンタム

Flower Basket with Handgrip

This flower basket was formed as a cube with a handgrip. The body was plaited with about 5 to 13mm Susudake. Surface-shaved Susudake and not one are plaited one after the other, with wide spaces by square plaiting.

手付置花籠 [55-034]

手付置花籠

  • 横20cm×高さ33cm 口径19.5cm

磨きの竹を使用し、煤竹 手付置花籠 [55-001]と同種の花籠である。底編みは二本取りの鉄線編み、立ち上がりからは透かし三本網代編み、胴の部分にささらで捻り編を二段入れている。首周りは透かし二本網代編みで細く締め、口造りへ広げながら編み上げている。

手付置花籠 手付置花籠 底部分

Flower Basket [55-034]

This flower basket was made of Migakinotake. This basket looks like a flower basket with handgrip[55-001]. The base was made by double Tessen plaiting and the body was made by double twist plaiting with thin bamboo lines. The throat of the body was taperd and spread to the rim stitching.

蓋置 炉用 [45-006]

蓋置 炉用

  • 直径5.5×高さ5.5cm

蓋置 炉用 側面 蓋置 炉用 上部

竹の根本、もしくはその近辺を用いており、厚みが14mm位、かなり肉厚の竹で制作した作品である。表面には竹の染みや割れ目があるが、滝を思わせるイメージで景色となっている。またどっしりとしていてとても使い勝手がよい。

Futaoki for the season when a fixed hearth ro(炉) is used.

  • Diameter.5.5 x H.5.5cm

This Futaoki was made of quite thick Susudake(about 14cm) which was a root of bamboo. The Futaoki has spots or cracks in the surface, and it looks like a view of a fall. This Futaoki is stable.

煤竹 掛花籠 [60-006]

煤竹 掛花籠

  • 横14cm×高さ17cm×口径11.5cm,10.5cm

煤竹を使用した掛花籠である。底は鉄線編みで、立ち上がりからは縦の竹を主とし、途中、横から竹を数本入れ、膨らみを付けながら編みあげている。横の竹は2枚重ねである。口造りは幅10mm位の竹を外と内にあてがい編み目を挟み、根曲がり竹で粗く巻きながら留めている。

煤竹 掛花籠 煤竹 掛花籠 側面 煤竹 掛花籠 底

Flower Basket [60-006]

This flower basket was made of Susudake. The base was made by Tessen plaiting. The swelled body was made of vertical bamboo lines led from the base and some horizontal bamboo lines added at the middle of the body. The rim stitching was made of about 10mm thin bamboo lines attached to both outer and inner side, and they were fixed with Nemagaridake.

花籠 [65-004]

花籠

  • 幅14cm×高さ17.5cm、口径7.5cm

磨きの竹を使用した花籠である。全体は魚籠(びく)の様な形で、底部分は荒い四つ目編み、立ち上がりからは幅の細い籤(ひご)を二重にして編む捻り編みである。全体を染料で染め、その上から拭き漆を施し、落ち着いた仕上がりとなっている。

花籠 底

花籠
杜鵑草、白花杜鵑草、金水引、水引、縞葦

Flower Basket

This flower basket was made of Migakinotake. The body looks like a creel. The base was made with square plaiting and the body was made with twist plaiting. Having been stained and coated with Japanese lacquer, It looks calm.

菓子皿 魚 [40-006]

菓子器

  • 縦23cm×横30cm

丸い籐で魚を型取り、その外形に合わせながらござ目編みで作った作品である。染料を混ぜた漆で表面を塗り分け、お皿の上にもう一匹魚がいるような面白さである。

Kashizara [40-006]

This Kashizara shaped to a fish was made by Gozameami plaiting. The surface was colored by Japanese lacquer mixed with stain, so it looks that the other fish lied on the Kashizara.

煤竹 置花籠 [55-033]

煤竹 置花籠

  • 幅14cm×高さ21cm×口径20cm

細く竹造りをした煤竹を使用し、華奢で小振りな作品である。底は2本取りで鉄線編み、立ち上がりからは網代網で、途中に細い竹籤を何段か入れながら編み進めた籠である。口造りと飾り手は根曲がり竹である。

煤竹 置花籠 側面 煤竹 置花籠 底

煤竹 置花籠
花/日向水木、都忘れ

Susudake Flower Basket

This small flower basket was made of thin Susudake. The base was made by Tessen plaiting and the body was made by twill plaiting. It has many thin bamboo lines. The rim stitching and the handgrip were made of Nemagaridake.

四方竹 水指 [15-007]

四方竹 水指

  • 横22.5cm×高さ14.5cm×口径19cm
  • 銘「日月」

厚みのある四方竹(しほうちく)を繋ぎ合わせ全体を形作った水指である。四方竹とは棹が四角形に育った竹である。一定の長さに切り揃えた9枚の竹にカーブを付け、横に並べながら皮籐で繋ぎ合わせている。内側は繋ぎ目に柿渋を塗った和紙を貼り、その上から黒漆を何層にも厚く塗っている。底と蓋は横に繋ぎ合わせ丸くカットしたもので、蓋の摘みには銀線を使用。口造りは内側に竹を付け落とし蓋仕様とし、表面は透漆仕上げである。正面には金箔を貼り陽を描き、蓋を取った向こう正面には、三日月を蝶貝による螺鈿で表現している。

四方竹 水指 四方竹 水指 底 四方竹 水指 蓋 四方竹 水指 箱書

Shiho-chiku Mizusashi

  • W.22.5cm(8.85″) x H.14.5cm(5.7″)×Caliber 19cm(7.48″)
  • The inscription is “Jitsu-Getsu”.

This Mizusashi is a combination of thick Shiho-chiku bamboo. The shape of a Shiho-chiku is square. Nine part of bamboo which were cut same size and bended were arranged and joined with split rattan lines. Japanese paper which was colored by juice from a persimmon was applied at joints and a lot of layers of black laquer were applied inside. Both the bottom and the lid were cutted circle, and a knob of the top was made of silver wire. At the rim stitching, bamboo was attached inside to fit the lid, and clear lacquer was applied to the surface of the outside. The gold at the front of the outside expresses the sun and the shell at the front of the inside expresses the crescent.

Feed

メタ情報