現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 煤竹

空齋竹工芸

蛤谷空齋がこれまでに制作した、竹工芸作品の紹介です。

煤竹網代 水指 [15-008]

煤竹網代 水指

  • 口径13cm×高さ15.5cm 底の径14cm

全体を網代編みで構成し、胴の辺りで網目模様に変化をつけた作品である。蓋は細い煤竹の節を摘みとし、放射状に割り、その周りをやたら編で編み上げ縁を付けたものである。口造りは内側に竹を付け落とし蓋仕様とし、内側は何層もの黒漆が施され、実際に水を入れ使用することができる。

煤竹網代 水指 煤竹網代 水指 底 煤竹網代 水指 蓋

Susudake Ajiro Mizusashi

  • Caliber.13cm x H.15.5cm Diameter of the bottom 14cm

This Mizusashi was made with twill plaiting. It has an change of a plaiting at middle of the body. A thin bamboo was cut radial as the knob of the top and it was plaited with Yartara plaiting. At the rim stitching, bamboo was attached inside to fit the lid. Of course we put water into this, because a lot of black layers of lacquer were applied inside.

煤竹透 手付置花籠 [55-036]

煤竹透 手付置花籠

  • 横13cm×高さ20.5cm×全長32.5cm×口径7.5cm

煤竹の特色、色の濃淡を生かした花籠である。本体は幅3mmと7mmの煤竹を使用した透かし網代編みで、約8cm四方の底より編み上げられている。底から約8cmまでの側面は網代編み、続いて幅約1cmの竹籤でアクセントを入れ編み上げている。縦の竹を口造りでまとめ、根曲がり竹の縁で内側と外側とで挟み、細い根曲がり竹で巻き留めている。細い2本の煤竹を側面に差し込み皮籐で留め、飾り手としている。

煤竹透 手付置花籠 側面 煤竹透 手付置花籠 底
バラ 撫子、小判草、アスチルベ
左:薔薇/右:撫子、小判草、アスチルベ

Susudake Sukashi Hanakago(Flower basket)

  • D.13cm x H.20.5cm x W.32.5cm, Caliber.7.5cm

This Hanakago(flower basket) have a characteristic tone of Susudake. The body was plaited with about 3mm and 7mm Susudake by twill plaiting. It starts from an about 8cm square base. There is an ornament of thin split rattan lines on the side of the body, about 8cm above the bottom, which was made by twill plaiting. All vertical lines of Susudake are joined to the lid of Nemagaridake. After that, it was fixed with another thin Nemagaridake. The Handle consists of two splitted rattan lines.

煤竹網代 茶櫃 [80-006]

煤竹網代 茶櫃

  • 直径28.7cm(9寸5分)×高さ11.2cm(3寸7分)

煤竹の特徴である色の濃淡を規則的な編み方に生かした作品である。底は2本取りの鉄線編み、側面と蓋を網代編みで構成し、内側に漆を何層も施す事により強度を増した茶櫃である。煎茶道具一式を入れ手前などに用いることが出来る。

煤竹網代 茶櫃 内部 煤竹網代 茶櫃 底 煤竹網代 茶櫃 蓋

Chabitsu

  • Diameter 28.7cm x H.11.2cm

This Chabitsu makes the most of light and shade pattern of Susudake. The bottom was made with double Tessen plaiting. The side and the top was made with twill plaiting. Inside the body, a lot of layers of lacquer makes the body strengthen.

手付置花籠 [55-034]

手付置花籠

  • 横20cm×高さ33cm 口径19.5cm

磨きの竹を使用し、煤竹 手付置花籠 [55-001]と同種の花籠である。底編みは二本取りの鉄線編み、立ち上がりからは透かし三本網代編み、胴の部分にささらで捻り編を二段入れている。首周りは透かし二本網代編みで細く締め、口造りへ広げながら編み上げている。

手付置花籠 手付置花籠 底部分

Flower Basket [55-034]

This flower basket was made of Migakinotake. This basket looks like a flower basket with handgrip[55-001]. The base was made by double Tessen plaiting and the body was made by double twist plaiting with thin bamboo lines. The throat of the body was taperd and spread to the rim stitching.

煤竹 置花籠 [55-033]

煤竹 置花籠

  • 幅14cm×高さ21cm×口径20cm

細く竹造りをした煤竹を使用し、華奢で小振りな作品である。底は2本取りで鉄線編み、立ち上がりからは網代網で、途中に細い竹籤を何段か入れながら編み進めた籠である。口造りと飾り手は根曲がり竹である。

煤竹 置花籠 側面 煤竹 置花籠 底

煤竹 置花籠
花/日向水木、都忘れ

Susudake Flower Basket

This small flower basket was made of thin Susudake. The base was made by Tessen plaiting and the body was made by twill plaiting. It has many thin bamboo lines. The rim stitching and the handgrip were made of Nemagaridake.

煤竹籠目編 置花籠 [55-032]

煤竹籠目編 置花籠
煤竹籠目編 置花籠
  • 口径18cm×高さ25cm 底の径26cm

煤竹を使用した花籠である。全体は最も基本的な編み方の一つである籠目編みで仕上げ、底には3本の力が入っている。側面は6方向にかけて高台から口造りに竹をあてがい飾りとしているが、これは強度としての役割も兼ね備えている。口造りには竹籤を撚り縄編みにし飾り手を付け、アクセントとしている。

底 側面
花
キンセンカ(カレンジュラ)

Flower Basket

This flower basket was made of Susudake. The body was made by Kagomeami-plaiting, known as the most basic way of plaiting, and has three base lines of bamboo crossed at the bottom. Six splitted bamboo lines were set on the outside of the body. These lines also hold an important place in strength. At the rim stitching, there is a handgrip which was made of thin splitted bamboo lines by Hineriami plaiting.

煤竹網代 水指 [15-006]

煤竹網代 水指

  • 口径15cm×高さ19cm、底の径14cm

全体を網代編みで構成、下方三分の一辺りで網目模様に変化をつけ、底は升網代編みの作品である。蓋は幅2.5~3cmの煤竹を横に並べ繋ぎ合わせ丸くカットしたもので、蓋の摘みには真鍮を使用。口造りは内側に竹を付け落とし蓋仕様とし、内側には何層もの黒漆が施され、実際に水を入れ使用することができる。

煤竹網代 水指 煤竹網代 水指 蓋 煤竹網代 水指

Susudake Ajiro Mizusashi

  • Caliber.15cm x H.19cm diameter of the bottom 14cm

This Mizusashi was made with twill plaiting. It has an change of a plaiting at one-third of the lower half of the body. The bottom was made with square twill plaiting. The top was made from a combination of bamboo which was build of about 2.5 through 3cm Susudake. The knob of the top was made of brass. At the rim stitching, bamboo was attached inside to fit the lid. Of course we put water into this, because a lot of black layers of lacquer were applied inside.

煤竹網代 水指 [15-005]

煤竹網代 水指

  • 口径16cm×高さ17cm

胴は二種類の網代編みにより変化をつけ、煤竹の縄目による濃淡が微かに伺える。蓋は柾割の竹を中心から渦巻き状態に巻きながら造られたものである。煤竹独特の濃淡や節による凹凸が面白い。摘みは煤根曲がり竹の節が使われている。内側には何層もの黒漆が施され、実際に水を入れ使用することができる。

煤竹網代 水指 煤竹網代 水指 煤竹網代 水指 蓋

Ajiro Mizusashi

  • H.17cm(6.7″), Caliber.16cm(6.3″)

The body of this Mizusashi has a change with two type of the twill plaiting, and a few light and shade of Susudake. The top was a coiled bamboo which was divided lengthways. The body which has light and shade of Susudake, or uneven surface made of knot is quaint. The knob of the top was made of a knot of sooted Nemagaridake. Of course we put water into this, because a lot of black layers of lacquer were applied inside.

1 2 3 4 5 6 9

Feed

メタ情報