現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 生花

空齋竹工芸

蛤谷空齋がこれまでに制作した、竹工芸作品の紹介です。

一重切花入 [61-002]

一重切花入

  • 横6.5cm×長さ37cm 口径4.5cm
  • 銘「寿老人」

亀甲竹を使用。仙人の雰囲気を漂わせた作品である。

一重切花入

煤竹 掛花籠 [60-003]

煤竹 掛花籠

  • 横17cm×高さ14.5cm×奥行き15cm
  • 銘「清真」

底部分は二本取りに依る透かし網代編み、立ち上がり部分と中央部分には竹籤に依る網を入れ、全体はござ目網みである。耳は籐皮で付けられ、口造りは共の竹で細かく巻き、仕上げた作品である。

煤竹 掛花籠 煤竹 掛花籠 箱書
煤竹 掛花籠
周防・都忘れ・ホウチャクソウ

円窓切花入 [66-002]

円窓切花入

  • 横8.5cm×長さ30cm

竹其の物の曲がりを生かした作品である。円窓切とは竹花入の切り方の一種で窓を丸く切ったものである。

円窓切花入 後 円窓切花入 側面

ミヤコワスレ、シロバナシラン
都忘れ、白花紫蘭

円窓切花入 ホトトギス、ツワブキ、シマアシ
杜鵑草、石蕗、縞葦

尺八掛花入 [61-001]

尺八花入

  • 長さ53.5cm 口径4.5cm 底の径7.5cm

細い真竹をよく乾燥させ使用し、管長は一尺八寸(約54.5cm)である。本来の尺八と同様に指孔は前面四孔、背面一孔、彫刻により付けられ赤漆が施されている。

尺八掛花入

Feed

メタ情報