現在のページの位置: 空齋竹工芸 > 作品 > 55 置花籠 > 置花入 [55-019]

空齋竹工芸

置花入 [55-019]

置花入

  • 口径14cmと17cmで歪な形 高さ29.5cm 胴回55cmと57cm

作品全体に根曲竹を使用している。底より麻の葉編みで編み始め、立ち上がりより胴を石畳編みと四つ目編みで編み進めている。胴部分では、2種類の編み方を交互に組み合わせることで、独特な凹凸形状になっている。さらに石畳編みの部分には黒漆と朱漆を、四つ目編みの部分には漆の上に銀粉を施し、燻し銀の風合いに仕上げた。口造りでは、外側と内側から挟むように竹をあてがい、細い竹で巻きながら留め、その上から仕上げとして皮籐による飾り結びを施している。また径14cmで幅12~3mm程の煤竹を、ささらをあてがいつつ皮籐で細かく巻きながら、高台として取り付けている。茶道具制作から離れた、いわば独立したオブジェとしての要素が強く、作者の遊び心が感じられる作品である。

底の部分
高台の直径14cm
側面の石畳編み 口造り

Flower Basket [55-019]

  • H.29.5cm(11.6″) x W.14cm(5.5″) x D.17cm(6.7″)

This flower basket was made of Nemagaridake. The basket has a hemp leaf pattern plaiting base and a combination body of square and Ishidatami plaiting. The body has an unique uneven surface since it was made with two kinds of different plaiting techniques. The surface of basket feels like an oxidized silver because it was applied silver dust to Ishidatami plaiting and applied black or red lacquer to square plaiting. At the rim, it was touched bamboo, stitched finely with split bamboo, and decorated with split rattan lines. At the foot, it was made of Susudake and attached by stitching with split rattan lines. This work is an isolated art from tea-things, and it was made with Kusai’s humor.

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Feed

メタ情報